わたしは以前、中毒といわれるほどのコーヒー好きで1日に5回以上コーヒーを飲んでいましたが、循環器系の病気がきっかけでカフエインを禁じなければならなくなってしまい、コーヒーに代わる飲み物を探し始めることになりました。

麦茶、コーン茶、ルイボスティーと色々と試し、どれもそれなりに美味しいとは感じましたが、やはり何か物足りない。

パンチが効いていないのです。

まあ、お茶にパンチを要求するのもどうなんだろうとは思いますが…。

そんなある日、私がコーヒーの代わりになる飲み物を探していることを知った友人が「がばい農園のオーガニックたんぽぽコーヒー」をプレゼントしてくれたのです。

がばい農園のオーガニックたんぽぽコーヒーを飲んでみるとかなりのパンチ力、さすがにコーヒーとまではいきませんが、深入りといった感じでしっかり香ばしく、美味しい。

少し根っこのような土臭い味もしますが慣れてくると大地を丸ごといただいているような自然の地味深い味わいを感じることができ、このテイストがなかったら物足りないと思うくらいです。

がばい農園のオーガニックたんぽぽコーヒーはティーパックになっているので、飲みたいときにお湯を注ぐだけですぐ飲めるのもめんどくさがりやの私にはぴったりです。

たんぽぽコーヒーの美味しさを知った私は、早速自分でも購入し毎日飲むようになっていきました。

他のたんぽぽコーヒーも色々試しましたが、味と値段を比べるとやはりこの「がばい農園オーガニックたんぽぽコーヒー」がしっくりきます。

がばい農園のたんぽぽコーヒーは、たんぽぽコーヒーの本場、ポーランドの自然栽培の農家さんが収穫したたんぽぽの根が使われています。

そのたんぽぽの根は新鮮なうちに工場に運ばれ、洗浄から焙煎まで出来るだけ機械に頼らず職人による昔ながらの製法で丁寧に作り上げられます。

無漂白のティーパックが使われているところにもこだわりを感じます。

身体に良くて美味しく飲み続けられる、がばい農園のたんぽぽコーヒーは私のお気に入りです。

(大阪府 こまっこさん)